風俗王様、デリヘルとソープ
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

風俗

風俗とは、性的なサービスを行う性風俗産業と、古くから地域に伝わる風習を表す2つの意味があります。
現在では、前者の性的なサービスを行う業種を風俗と呼ぶことが増えてきました。
日本の風俗の歴史は、とても長く江戸時代から続いているものです。
初めは、借金などがある女性が働き返済するまでの間、勤めていたと言われています。
とはいえ、当時は水揚げというシステムがありました。水揚げとは、遊郭に勤めている女性の借金などを支払い、その女性と結婚することです。
つまり、水揚げするくらいの経済力がなければ、お目にかかることも出来ず、会話なんて夢のまた夢という存在が遊女だったのです。
明治時代に入ると、ある事をきっかけに風俗で働く女性に偏見を持つ女性が出てきました。
しかし、現在のソープランドは江戸時代からの文化を受け継いだサービスを提供し続けています。
そのため、ソープランドは、ファッションヘルスやデリヘルと異なり、日本独自の性サービスと言われ世界中の男性から注目を集めています。
そんな店舗型のソープランドが、風営法の改正により新しく開業することが出来なくなりました。これは、ファッションヘルスも同じです。
そこで、誕生したのがデリバリーヘルス。通称デリヘルなどの派遣型風俗店です。
数年前までは、日本で最も多い業種はソープランドだと言われていましたが、現在ではデリヘルが増加し続けています。
デリヘルの増加に伴い、店舗に出向かなくても自宅で恋人気分を味わいながらサービスを受ける事が可能になったのです。
また、近年では、利用者側のデリヘルニーズは高まっています。

関連リンク